11月

26

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 読書いろいろ

お気に入りの読書スポット

最近お気に入りの読書スポットは、ファミレスです。最近のファミレスって、ドリンクバーがあるところが多いですよね。紅茶やハーブティーの種類が豊富なところも多いので、その日の気分にあわせてドリンクを選べるところが良いんですよね~。
お休みの日にはまず本屋さんへ行って、今日読む本を物色。読みかけの本がある場合は、もちろんそれを読みますけど、できればまっさらな気持ちで読み始めたいので、新しいものを買うことが多いです。新作で気になるものが無かったら、古本屋さんへ行って古い作品で読んだことのないものを探します。さすがに何でもかんでも新品で買える程余裕はないので、節約です。
読む本をゲットできたら、いざファミレス!まずはメニューを見て、軽食かサラダとドリンクバーを頼みます。朝だと、モーニングセットみたいなのがあるので朝食をそれで済ませることも多いです。おなかがすいていたらがっつりご飯系を頼むこともありますが、できればちょっとずつおなかを満たしたいんです(笑)と言うのも、がっつり系を一つ頼んでしまうとそのあと追加注文ってしないですよね。ちょっと食べて、ドリンクを飲みながら読書を楽しんで、ある程度時間が経ったらまた何か注文、と言う感じにしてるんです。ドリンクバーだけで居座れる程心臓が強くないので、結局出費がかさむんですけどね(笑)

10月

14

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 日常いろいろ

大好きだった友達と大喧嘩・・・

今まで、けんかをしたことが無い人とけんかしてしまいました。きっかけは些細なこと。ほんの意見の食い違いで、彼女が悪いわけでも私が悪いわけでもありません。それでも、お互いに謝るきっかけを見失っているのではないかと思います。
私は元がネガティブなので、相手から連絡が来ないと「もう私のことは嫌いになっただろうから、私から謝っても相手に迷惑かも」と思ってしまうんですよね。けんかをする前は、そういうことを言っても「友達だと思ってるのにそういわれると悲しい」なんて言ってくれていましたが、今も同じ気持ちで居てくれるかどうかは疑わしいです。ましてや、人の気持ちはかわるものだと教えてくれたのも彼女なので・・・。
私は彼女と連絡が途絶えて、本の話ができる友達が一人減ってしまったこと、それ以外でも何でも話せて相談できていた人だったのでとても大きな支えを失った気分です。何が悪いのかわからなくても、私が謝ってしまえばいいのかもしれませんが、「何がごめんなの?」と聞かれてしまいそうで怖くてそれも出来ません。時間が経てば、お互いに落ち着いて謝ることも出来るんでしょうか・・・。いつかまた、好きな作家さんのことで話がしたいなって思うのは、私の甘えなのかもしれません。

9月

27

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 日常いろいろ

世の常人の常とはいえ、切ない

出会いと別れは常に背中合わせなんて言いますよね。出会いがあれば別れもあり、捨てる神あれば拾う神ありなんてことも。事恋愛に関して言えば、女性は別れを悪いものとして捉えすぎているふしがあります。
例えば、私の友達。最近彼にふられてしまったそうでひどく落ち込んでいます。結婚まで考えていたらしいので、その落ちこみたるや筆舌に尽くし難いものがあります。でも、私は彼女に言いました。
「もっといい出会いがあるかもしれないよ?」
最初の数日は、彼より素敵な人なんていないと泣いていましたが、それでも言い続けました。すると、何日目かに、「別れても、彼からもらったものが消えるわけではないよね。素敵な時間が過ごせたことは嬉しい出来事だったから、今回の失敗を活かして次の出会いを待とうかな!」と笑ってくれたのです。
誰でも、恋愛小説のヒロインのように甘く切ない恋物語に憧れます。そして、苦難があってもそれを乗り越える深い愛を求めてしまいがちです。だからこそ、それがかなわなかったとき悲しいし悔しいのかもしれません。大切なのは、出来事や去った相手を恨むことではなく、その別れから何を学んで次に活かすかを考え、感謝することなんじゃないかと思うのです。
常に楽しく過ごしている人は魅力的に映りますから、楽しみながら次の出会いを待ちましょう!

9月

12

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 読書いろいろ

本の選び方のそれぞれ

本を買うとき、ほとんどの人は目的の本があって本屋さんへ買いに行くと思います。しかし、読書が好きと言える程度の人であれば、買いたい本は決まっていないけど何となく本屋さんへ行くことも多いと思います。
さて、この「目的が決まっていない状態」というのは、実はとても良い状態だと思います。なぜなら、これが欲しい!という時と違っていろんなものが目に入るからです。普段から広く浅く読み広げようと考えている人は良いと思うのですが、好きな作家や話題作以外に目を向けないと言う人のほうが圧倒的に多いです。そうなると、良い作品との出会いの幅を狭めてしまうことにもなりかねないのです。
選ぶ基準が何であれ、せめて数ヶ月に一度くらいは目的もなく足を運んでみてください。気になったタイトルで選んでみるのも良いですし、聞いた事はあっても読んだことの無い作家さんの作品から選んでみるのも良いでしょう。店員さんと仲良くなって、今日の気分を伝えればオススメの本を教えてくれることも有ります。大切なのは、読書に枠を設けないこと。これしか読まない、これが好きだからこれだけ読んでいればなんていう考えはナンセンスですしもったいないです!間口を広げることによって、自分の心にぴったりはまるものが見つかるかもしれませんよ。

8月

24

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 記憶

眠いのに無理して読書しても内容が入ってこない

読書は眠る前におこなうことが多いので、読んでいる途中で眠くなってくるということもあるのですが、もしも読んでいる途中に眠くなってきた場合には、無理して読もうとはしないで、そのまま眠ってしまうようにしましょう。なぜなら、眠いときに無理して読んでも意味がないからです。眠くてももうちょっと読みたいなどと思うこともあるかもしれませんが、眠いときに読んでも中身が頭に入ってこないものですから、そのまま読み続けても意味のない時間を過ごすということになるのです。そのため、たとえいい感じのところであっても、眠いと思ったらそのまま寝てしまったほうがいいと思います。何事も無理しておこなっても、その中身が身につかないのですが、これは読書であっても同じことなのです。読書は内容をきちんと理解しながらでないと意味がないということになりますので、せっかくならば内容を理解しながら読むようにしたいものです。そのためには、眠くないときに読むようにしましょう。その日に眠ってしまったとしても、また翌日などに時間はあるのですから、無理はしないようにしてください。読書はそんなふうに少しずつ読んでいくのも楽しさのひとつだったりするのです。

7月

11

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 読書いろいろ

明日が休みなら夜更かしして読書しよう

明日が休みというタイミングで明日は何をしようかと考えているだけで楽しくなってくるものですが、そんな日があったら夜更かししてしまうというのもアリではないでしょうか。明日の予定を決めるのもいいのですが、そもそも明日に予定がないのであれば今夜を使ってしまうのです。普段はあまり夜ふかしできないわけですが、明日が何もないのですから夜を楽しんでしまうのです。そして、夜の静かな時間の中で本を読んでみてください。昼間は何かと雑音が耳に届いてしまうものですし、たとえ休日でも他にもできることがいくらでもあるために読書よりも優先してしまうこともあるのですが、夜中ならばほかにはすることがないので、そのような時間にこそ読書を楽しむことができるのではないでしょうか。そのため、明日が休みで特に何かするべきことがないというときには、このような時間を使ってみてはどうでしょうか。もちろん、そのほかにやりたいことがあるのであれば、そちらを優先するべきなのかもしれませんが、考えてみれば大人になってしまうと読書に時間をさくことはなかなか難しいことになってきてしまいますので、せっかくの休日の前日はこのような使い方をしてみてください。

6月

13

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 日常いろいろ

本屋でホコリを被ってかわいそうな本を購入した結果

本屋さんに行ったとき、たいていは新しい本のほうへと目が向くのですが、かなり奥まった部分などに行くと、そこにはかなり以前からあるのだろうなという本も置いてあります。中にはホコリをかぶってしまっているような本もあるのですが、そのような本は一見、可哀想ですが考え方によっては、もしかしたら相当に面白い本なのかもしれません。そもそもそんなにずっと本屋さんにあるということは売れていないわけですが、ならばなぜ本屋さんはそれを返品しないのでしょうか。本屋さんのスペースは限られているのですから、売れない本をそこまでして置いておく必要はないわけです。しかし、それでもそこに置いているということは、本屋さんとしてはその本が買ってほしいと思える本ということなのです。そのため、そのような本こそが実はかなり面白い可能性があるのですから、ぜひとも買ってみてください。もちろん結果的にはあたりかはずれかということはあるのでしょうが、このような視点で奥まった場所に置いてある本を読んでみるというのもいいのではないでしょうか。ずっとそこの場所に置いてあるということは、それだけの意味がある可能性も高いので、ぜひとも注目してみてください。

5月

5

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 日常いろいろ

本を山積みにしておくと下のほうは絶対に読まない

本が好きな人は本をどんどん買って家のどこか一箇所などに積み上げていくこともあると思います。本棚などに縦に並べておけば問題ないのですが、どのような場所であっても平積みにしておくと最初のころにおいた本は下に位置してしまって、あとから置いた本にどんどん隠されていってしまいます。そのため、できることなら平積みはやめておいたほうがいいのです。面倒臭いので、どうしてもこのような形になってしまうのですが、平積みにしておくと下のほうにある本に目が行き届かなくなって、そのあとまた読もうと思ってもその本に目がいくことはなくなってしまいますので、せっかく本を家に置いておいても、二度と読まない存在となってしまって、ただ単にスペースを占拠しているだけのアイテムになってしまうのです。そのため、そのようなことになってしまうよりは、せっかく家に本をおいているのでしたら、すべての本がいつでも目に届くようにしておきましょう。本棚などに縦に並べておいたり、平積みにするにしてもタイトルの部分をきちんと手前にくるようにして積んでおけば意味ある保管となるので、そのような方法をとってみてください。そして、またいつか読んでみてください。

4月

19

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 読書いろいろ

そこまで興味がない本ならば立ち読みだけで済ませるという方法も

本を買うか買わないか悩んでしまうときが本屋さんにいるときにはよくあります。本屋さんに行ったとして、いろいろな本を選んでいるときに、絶対に欲しいと思う本もあれば、買わなくてもいいというレベルの本もあります。しかし、そのように答えが出ているならばいいのでしょうが、中途半端に興味があるものの、買うというほどにはいたっていないようなケースもあります。そのような本に出会ってしまうと、どうすればいいのかと悩んでしまうこともあるわけですが、そのような状態になってしまったのであれば、もう割り切って買わないという決断をするのもいいのではないでしょうか。買わないでそのままさようならなのかというと、そういうわけでもありません。その本は立ち読みで少しずつ読んでみるのです。ある程度まで読んだ上で、やはり興味はないということであればその時点でさようならすればいいわけですし、それ以上に興味があればその先まで読みすすめていけばいいのです。立ち読みの状態でラストまで読んでみてもいいですし、ある程度の段階にきて、やはり興味があるということであれば、その時点になってはじめてその本を買うというようなことでもいいわけですから、まずは買わないということもいい決断かもしれません。

3月

15

By admin

コメントは受け付けていません。

Categories: 日常いろいろ

コンセプトのハッキリした本屋さんで本と出会おう

本屋さんにはそれぞれコンセプトというものがあって、それが曖昧なお店もあればはっきりしているお店もあります。そのため、どちらかといえばコンセプトがはっきりしているほうのお店を使ってみるようにしてみてください。なぜなら、お店のコンセプトがはっきりしているというのは、そのお店で取り揃えている本がとある視点で集められており、その視点が自分とマッチしたものであった場合には、そのお店に置いてある本はほとんど全てが自分の好みのものということになる可能性もあるのです。そのため、そのようなお店を見つけたらまずは中をのぞいてみて、自分の好みに合っている品揃えか、残念ながらそうじゃないのかということをチェックしておいたほうがいいと思います。全部が自分の好きな本ということはそうそうないかもしれませんし、そうなるとさすがに自分で本屋さんをオープンするぐらいしか方法がないわけですが、ある程度の数が自分の好みということであれば、かなりいろいろなお店をのぞけば見つけるはずですから、まずはコンセプトを持っているいろいろな本屋さんに行ってみて、そのお店のラインナップというものをチェックしてみるようにすることをオススメします。